読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日比谷高校を志す君に贈る父の言葉

日比谷高校第一志望ながら、日比谷、開成、塾高のどこに入学すべきか、都立合格発表まで悩んだ父親が贈る、上をめざす君と家族を応援する徒然日記

日比谷高校サクラ歩き ~都立高校入学式お祝い

f:id:mommapapa:20170406223815j:plain

 平成29年度新入生の皆さん、入学おめでとうございます。

今年は桜の満開と入学式が重なり、本当に春らしい新学期の風景となりました。
そして、わが家の入学からちょうど1年です。早いものです。

今回は桜の満開と平成29年度入学式のお祝いとして、桜好きの私が実際に歩いて確かめた、日比谷高校周辺の桜スポットをご紹介したいと思います。
気軽にご覧いただき、入学式での記念写真の参考にでもなれば幸いです。

 

①日比谷高校通用門の桜

 日比谷高校の桜もほぼ満開。
入学式当日は少し雨の心配がありそうだけれど、桜は君の入学を歓迎してくれそう。
日比谷入学式での一番人気の桜スポットは、やはり通用門前になりそう。

ここが正門と思う方も多くいますが、実際には日枝神社側の正門に対しての日常の玄関口である、通用門の位置づけになります。
結論から先に記載すると、残念ながら正門に立つ桜の木はありませんので、日比谷高校のプレートと桜を一緒に写真に収める場合はここしかありません。

混み合うこと必至ですので、入学式に余裕をもって到着して、記念写真にしっかりと収めたいものです。

f:id:mommapapa:20170406224348j:plain


そして折角の満開の桜の季節ですから、入学式の後にも周辺の桜を愛でたい君のために、誰に頼まれたわけでもないけれど、日比谷高校周辺の桜状況を確かめてみました。

今回の記事および写真は、日比谷高校通用門前から出発する、日比谷高校 → プルデンシャルタワー → 日比谷高校正門 → 日枝神社 → キャピトル東急ホテルの順に一筆書きに回る、以下の図の青丸に沿った行程レポートとなります。

f:id:mommapapa:20170407004251j:plain

 

 

②プルデンシャルタワー空中デッキ

f:id:mommapapa:20170406231109j:plain

 赤坂見附からの通学組の前に立ちはだかる遅刻坂の急な坂道の途中に、プルデンシャル生命の中庭展望デッキがあります。

このデッキから日比谷高校校舎を見上げる位置に、桜が並んで花を咲かせています。
そのまま遅刻坂を駅へ向かうのは、少しもったいない。
憩いの場となる空中デッキの桜を見ながら奥に進むと、そのままレストラン街のテラスに下りる階段がありますから、パリッとした都心のオフィスワーカーに交じりながらの食事もたまにはよいかもしれません。

 

③プルデンシャルタワーテラス

f:id:mommapapa:20170406231451j:plain

この明るくしゃれた広場が、昭和史に残る35年前の大火災、ホテルニュージャパン跡地だということは、もはや誰も気づく者はありません。

1982年当時は既に今の場所に日比谷高校がありましたから、日々どんな状況だったのでしょうか。
写真のような高さ関係ですから、燃え盛るビルの炎や煙が、ちょうど目の高さあたりに見えたのではないでしょうか。授業どころではないでしょう。 

また、この1980年代はちょうど日比谷高校東大合格者が1桁を推移した時代。
ニュージャパンの火災跡地も10年ほど放置されていたようですし、場所につく悪い気が呼応していたのかもしれません。まさにこの地の暗黒の時代です。

今では写真の通り、外堀通りから校舎までは遮るものが何もない、明るく気持ちの良い空間となっています。よかった。

 

④日枝神社裏鳥居

f:id:mommapapa:20170406234638j:plain

 プルデンシャルタワーを出て、首相官邸、溜池山王方面に少し歩くと、直ぐに山王日枝神社の裏鳥居が現れます。

ここの一本桜は本当に見事で、また表通りから目立つ位置にあるためか、いつもサラリーマンや観光客のたまり場になります。

地図で見ると、この写真の左側から猿田彦神社に向かって長い階段が伸びているのが分かります。
ここは京都伏見稲荷の千本鳥居にも似た、連続鳥居が星が丘の日枝神社まで伸びており、桜とは別の趣が楽しめるスポットです。

先に日枝神社に参拝する場合は、この鳥居階段を真っすぐ登れば、坂はやや急となりますが、本殿への近道となります。

 

⑤日比谷高校南面道路

 日枝神社の裏鳥居をくぐって左へ戻るように進むと、緩やかな登りを道なりに右へ大きく曲がりつつ、日差しに照らされた明るい校舎を左に望みます。
そしてしばらく歩くと、やがて正門にたどり着きます。 

f:id:mommapapa:20170407000342j:plain

この敷地南側の道は、正門以外は特に何か特別な場所でもありませんから、時間がなく正門へ急ぐ場合は、②~⑤は飛ばして、高校敷地内を直接正門に向かうのが良いと思います。

 

⑥日比谷高校正門

f:id:mommapapa:20170407000916j:plain

 実は日比谷高校に対する不満の一つが、正門周りの植生です。
全く桜がありません。常緑樹です。

せっかく歴史の趣を漂わせた正門があるのですから、門の周囲に桜や銀杏や、季節感のあるシンボルツリーを絡ませるとよいのではないかと思います。

いずれにしても、入学式の写真スポットの筆頭の一つには違いありませんから、通用門同様お互い譲り合いながら、記念写真を収めるようにしたいものです。
周辺のタクシーも、この時ばかりは気を利かせて正門前を広く開けてほしいものです。

 

⑦日枝神社神門

 日比谷高校正門前で記念写真を撮った後は、折角ですから氏神様となる山王日枝神社に参拝したいもの。

日枝神社にとっては、屋外エスカレーターのある外堀通り側の大鳥居ではなく、このひっそり静かに佇む鳥居が表参道となります。

足腰に不安がなければ、鳥居をくぐり、男坂と呼ばれる石階段を真っすぐ登ってみることをお勧めします。
足に不安がある場合は、鳥居をくぐらずそのまま真っすぐ東急ホテルの車止めに向かって進み、女坂と呼ばれる比較的緩やかな車道を登って本殿に向かうことができます。

 

f:id:mommapapa:20170407003916j:plain

 男坂を登り切った左側、手水舎の脇には立派な桜の木が君をお出迎えしてくれます。

日枝神社の桜は全体でまだ八分咲き程度。
入学式の日にはほぼ満開に近いと思いますので、これからの日比谷高校での生活の充実への願いを込めて、花見兼ねがね参拝に訪れてはいかがでしょうか。

尚、写真はありませんが、本殿に向かって右側に鎮座する猿田彦神社周囲にも、満開までしばらくかかりそうな桜の木が何本かありますので、併せて確認してみるのも楽しいひと時だと思います。

 

⑧社務所前

 参拝後、御朱印女子を尻目に南神門を出ると、社務所脇に桜の大木が立派な枝ぶりを披露しています。

f:id:mommapapa:20170407010937j:plain

赤坂見附駅から帰る場合は、この後キャピトル東急側には下らずに、社務所脇から大階段を下って外堀通りに出るのが良い選択。
東へ下ってしまうと、赤坂見附へ出るのにまた大きく迂回する必要があります。

歩くのに疲れたら、桜の前の茶寮で一休みするのもよいかもしれません。

 

⑨キャピトル東急ホテル

 神社を後にして女坂を下る途中にキャピトル東急ホテルのエントランスがあります。

f:id:mommapapa:20170407012013j:plain


一生に一度となる高校入学式の記念の昼食を上質に彩る場合は、ホテル内のレストランが一つの選択肢。

食事はしない場合でも、溜池山王、国会議事堂前駅へはホテルから直結通路がありますから、大人に一歩近づいた非日常な晴れの日の君の思い出に、高級ホテルの空間の雰囲気を味わうのもよいもの。

ただし、日枝神社側のエントランスから地下鉄側に抜ける道は、高低差もあり少し分かりにくいところがありますから、初めての場所で緊張して迷子にならないように。

 

⑩山王日枝神社男坂鳥居

f:id:mommapapa:20170407013336j:plain

 ホテルをショートカットせずにそのまま女坂を下ると、男坂の前に戻ります。
この際、キャピトルホテルの敷地境界に、国会議事堂駅方面へ抜ける階段がありますからそちらを利用するのが近道。

階段の反対側は、一時期世間を騒がせたアパホテル高級店の建設現場。
現在地下工事に着手しているのがよく見えます。

階段を下りて、国会議事堂前と溜池山王は右、永田町まで歩く場合は左へ進みます。

尚、下りて左正面には、一見料亭のような佇まいのレストラン黒澤が目に映ります。
ここは1階は蕎麦、2階は肉料理の座敷となります。

ランチタイムは手ごろな価格で利用することができますから、こちらも入学式の昼食のよい思い出となることでしょう。

 

さて、2年生は4月6日に一足早く新しいクラス発表。
3年進学時のクラス替えはありませんから、高校最後の星陵祭まで一緒に過ごす仲間となります。

そして新入生の中には、わが子の後輩となる1年生もいるのでしょう。
そう考えると、なんだか少し不思議な思いに包まれます。

この日比父ブログもちょうど9か月。
現在は引き続き、概ね1日に1,000~2,000ページの訪問があります。
こんな限定的なトッピックに、毎日多くの方からの関心を集める事実に驚きつつ、また時々いただく情報提供に感謝しつつ、まずは1周年となる7月に向けて、引き続きゆっくり書き進めたいと思います。

満開の桜の香りに包まれて、都立私立に関わらず、よい入学式が迎えられますように。
ではまた次回。 

 

伝統行事を楽しみ尽くす 


待ちきれない!早く来い来い星陵祭 



1年前のあの日、日比父ブログの原点。