日比谷高校を志す君に贈る父の言葉

日比谷高校第一志望ながら、日比谷、開成、塾高のどこに入学すべきか、都立合格発表まで悩んだ父親が贈る、上をめざす君と家族を応援する徒然日記

入試情報

都立日比谷高校の中学校別合格者3年実績

東京で暮らす一般の子育て家族にとって、少しでも環境の良い地域で子育てをしたいと望むのが親心。一つの目安として、日比谷高校に合格する中学エリアを参考にすることが挙げられます。今回は、2015年から17年までの全ての合格公立中学を掲載します。

桜修館と白鷗に行ってきました ~都立中高一貫校と日比谷高校

中学受験をしない家庭でも、都立中高一貫校の存在は気になるもの。今回は桜修館と白鷗の学校見学会に訪問し、都立一貫校の実際の姿を感じてきました。この時期受験校を実際に訪れることの意味について考えたいと思います。

平成30年度 日比谷自校作成問題は、なぜ記述問題が増加するのか?

都立進学重点校を目指す君が、今一番知りたい情報は、平成30年度からの100%自校作成問題の中身がどうなるかということ。今回は、そんな君の疑問に答えるべく、日比谷高校の自校作成問題の傾向について真正面から検証します。

東大理Ⅲを受けない理由 ~日比谷高校と奨学金

所得の低い家庭にとって、奨学金をはじめとする経済的な援助は学びの機会を提供する制度としてかけがえのないもの。その中には、高校在学中から返済義務なく受給可能な奨学金も存在します。今回は、日比谷高校をはじめとする高校生のための奨学金について考…

共通テストの記述問題は誰が採点するのか? ~2020年大学入試改革を読む

5月16日付で、文部科学省から高大接続改革の中間報告が発表されました。特に世間の関心は、『記述問題の導入』や『民間英語検定の活用』など、共通テストの実施内容に集中しているように思います。そして改革検討委員会の国語に対する並々ならぬ熱い思いが伝…

中高一貫校から日比谷高校を目指す君へ

毎年一定数が合格する中高一貫中学からの受験生。その実態はネット上を探しても情報が出てきません。今回は、外部受験をするか悩む君のために、中高一貫校からの日比谷高校合格の実態と、外部受験を経験した先輩の話をお届けします。

日比谷高校の偏差値は本当はいくつか? ~都立高校偏差値の正体と合格目標

受験における合否判定の道先案内人といえば偏差値が思い浮かぶもの。しかし都立高校の偏差値は、私立や国立高校の評価方法では正しく評価できません。今回は、都立高校偏差値のあるべき姿と合格判定の目標設定値について検証したいと思います。

2017年度日比谷高校入試結果・合格点レビュー ~平成30年度入試基本情報

平成29年度新学期が始まり、平成30年度入試に向けた準備の始まりました。今回は合格発表後に行われた日比谷高校学校説明会で発表された2017年度入試情報を垣間見ながら、自校作成問題復活となる2018年入試に向けた対応について考えてみタイと思います。

平成29年度入試の終わりと30年度入試のはじまり 〜日比谷高校学校説明会募集開始

都立入試が終了した現在、平成30年度都立入試はもう始まっています。自校作成問題が復活する来年度に向け、日比谷高校では3月25日に学校説明会を開催します。受験動向には敏感にアンテナを張って、最新情報を逃さないようにしたいものです。

日比谷高校が創立139年の歴史で初めて海外校と姉妹校締結する ~日比谷の国際教育

創立139年にして初めて海外との姉妹校締結を行う日比谷高校。東京都グローバル10の指定以降、外国語や国際関係の学習環境は益々充実してきています。今回は、外国語学習を中心とした、最新の日比谷高校の学習環境についてお話します。

駿台模試の3年推移で見る、日比谷、開成合格の軌跡と入試直前対策

小学生時代、中学受験や塾というものに無縁だった生徒が、どのような軌跡をたどって難関高校合格に至ったのか、駿台模試の3年間の推移を見ながら、受験本番直前に必要な取組みと合わせて考えます。

平成29年度日比谷高校推薦は、なぜ小論文重視に転じたのか?

推薦入試まで残り1ヶ月余り。推薦直前期ともいえるこの時期、推薦を受験する君にとっての気になる話題、『日比谷高校はなぜ推薦入試の得点配分を突然変更したのか?』について、そこに隠された日比谷高校のメッセージについて考えてみたいと思います。

平成30年度 自校作成問題復活に見る、都立高校改革の行く先

2016年現在中学2年生の君が受験生となる平成30年度入試より、再び自校作成問題に戻ります。東京都教育委員会は、都立の各高校が個性的な校風や伝統を持った学校であることを強く推奨し、そのために入学試験を通じて受験生や都民全般にその旨を意思表示する…

教育か経営か、併願優遇制度と偏差値の深淵

少子化の中、生徒獲得に生き残りをかけた中堅私立にとっては、世間や保護者の評価を得て認められることは重要な経営課題です。今回は我が家の併願抑え校選びを通して体験した、受験業界の魑魅魍魎とした世界について考えます。

悩むより志望校に聴け! 日比谷高校入学相談会最終開催

受験生と保護者の不安を解消すべく、日比谷をはじめとする都立の各高校では、中学校との三者面談が始まる志望校選定時期のこの12月に、最後の受験相談会や学校説明会を実施します。今回は、志望校選定や受験最後の勉強方法で悩める君のために、最後の学校訪…

内申45なら日比谷の推薦入試を受けるべきか?

わが家は内申45点の満点だったにも関わらず、推薦入試は受けませんでした。何故でしょうか?今回は、内申点が高い場合に推薦入試を受けるべきかどうかについて考えてみたいと思います。

日比谷高生の出身中学と住まいを考える

平成27・28年度の日比谷高校合格者実績を確認し、日比谷に強い中学校や居住エリアについて考えます。毎年複数の合格者を輩出する公立中学校は確かに存在ます。何か共通点があるのでしょうか。

2016年度 日比谷高校合格点ボーダー検証

都立入試制度改訂初年度となる、平成28年入試の結果から、日比谷高校の最新合格ボーダーラインを検証します。平成29年度入試はこの28年度入試が参考となりますので、非常に重要な情報です。

推薦入試激変!平成29年配点変更あり

平成29年度の日比谷高校推薦入試の得点配分が劇的に変わりました。面接と小論文の得点ウエイトが入れ替わり、小論文重視となりました。日比谷の推薦を検討している君にとっては、大きな影響があります。

日比谷高校 星陵祭に行こう!

日比谷高校は前後二期制をとっており、動の前期、静の後期と呼ばれています。5月の体育大会、6月の合唱祭、そして9月の星陵祭、1年の前半に大きなイベントが集中しています。今回はこのうち一般に公開される星陵祭についてお話します。

日比谷高校の授業を体験しよう!

日比谷高校の公開授業見学。中高一貫校と比べると、高校入学時の学習進度にハンデがあるにもかかわらず、大学合格実績は伸びています。日比谷の授業に秘密でもあるのでしょうか?自分の目で確かめるチャンスです。

学校説明会へGO! 入試レア情報ゲット

2学期は情報収集の秋です。受験生が求める志望校の合格ボーダーや内申点など、前年度の入試結果を知る方法、しかも高校が直接発表する、確かな入試情報を知る方法があります。それは...