日比谷高校を志す君に贈る父の言葉

日比谷高校第一志望ながら、日比谷、開成、塾高のどこに入学すべきか、都立合格発表まで悩んだ父親が贈る、上をめざす君と家族を応援する徒然日記

帰国子女

首都圏公立高校即興型英語ディベート交流大会

11月18日に日比谷高校で行われた、一般社団法人パーラメンタリーディベート人財育成協会主催の、第5回首都圏公立高校即興型英語ディベート交流大会に参加しました。高校英語におけるアクティブラーニングの実践現場についてお伝えします。

『日比谷女子』という社会的価値 ~女子受験生に贈るエール

女性に対して不寛容な日本社会にあって、日比谷女子は未来志向の社会を形成するに際し、リーダーとなるべき価値ある存在ではないかと思います。 そんな日比谷高校を目指す女子中学生の君に、大いなるエールをお届けします。

東京医大だけではない。女子中学生の入学を阻む、中高一貫校の壁

東京医大を希望する女子学生に立ちはだかる高い壁。実は都内で高校受験に臨む中学生も、同じような理不尽な壁を感じます。 高校入学枠を排除するのは、憲法が定めた教育機会の均等精神に反していないのでしょうか?確かめます。

都立受験資格緩和の影響と、中高一貫校からの受験者の増加について考える

自校作成問題の復活と並び、平成30年度都立高校入試における大きな変更点の一つが、都立高校受験資格の緩和です。この制度変更の影響と、中高一貫校からの受験生の動向を探ります。

2016早稲田&慶應大学合格数

いよいよ国立大学の合格発表が始まります。それに先駆けて、2月上旬からプレジデント・オンラインでは早稲田、慶応大学の合格者速報を発表しています。今回はその結果を基に、日比谷高校をはじめ各高校の合格状況を確認します。

創立139年の歴史で初めての海外校姉妹校締結

創立139年にして初めて海外との姉妹校締結を行う日比谷高校。東京都グローバル10の指定以降、外国語や国際関係の学習環境は益々充実してきています。今回は、外国語学習を中心とした、最新の日比谷高校の学習環境についてお話します。

帰国子女である君のために

日比谷高校には帰国子女枠はありませんが、生徒全体の1割以上は海外経験者ではないかと感じます。今回は、情報弱者である海外から日比谷高校を目指す君に情報をお届けします。