読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日比谷高校を志す君に贈る父の言葉

日比谷高校第一志望ながら、日比谷、開成、塾高のどこに入学すべきか、都立合格発表まで悩んだ父親が贈る、上をめざす君と家族を応援する徒然日記

日比谷を目指す君が今すべき、本当に大切なこと

併願校選び

 2017年およびその先の都立トップ校を目指すと決めた君が、初めにしなくてはいけない大切なこととは何でしょうか?

塾選びでしょうか? 受験勉強の計画でしょうか? あるいは定期テストや内申対策でしょうか?

 いえいえ、それらは目標をしっかり定めた後に行うべき、手段や過程の一つにすぎません。そう、まずすべきことは目標を定めることです。

 ここでいう目標とは何でしょうか?

日比谷、西、国立、あるいは戸山や青山といった受験校を決定することでしょうか?

 いえいえ、それとは違います。

 トップ校を目指す君にとって、憧れの目標はいつも心の中にあるはず。

日比谷高校を目指した保護者として思うことは、一番大切なのは、都立受験の併願校をどこに定めるのか?ということです。

 

 なぜ都立トップ校を第一志望とする君にとって、併願校選びが大切なのか?

 

 それは、併願校をどこに定めるかによって、勉強の質や塾の利用の程度、受験計画や資金計画などの全てが決まってくるからです。

具体的には、男子ならば開成や国立大付属を狙うのか、早稲田、慶応付属を併願するのか、あるいは都立一本に絞り、いわゆるすべり止め校のみを受験するのか、女子であれば慶応女子に合格するレベルを本気で目指すのか、、、

 結果的に併願校の入試レベルが、都立第一志望の君の受験対策を決定するのです。

そしてこの選択が、志望校入学後の高校生活のスタート時点での学力的な位置づけをもある程度確からしく決定することになるのです。

詳しくは、次の文章で見ていきましょう。 

 

この記事の続きはこちらへ