日比谷高校を志す君に贈る父の言葉

日比谷高校第一志望ながら、日比谷、開成、塾高のどこに入学すべきか、都立合格発表まで悩んだ父親が贈る、上をめざす君と家族を応援する徒然日記

史上初、センター試験満点と高校受験組の実力

2018年2月22日更新:
 週刊新潮2月22日号に、『前人未到!センター試験「900点満点」を取った「名門高校生」の家庭教育』なる記事が掲載されました。ここで明らかとなった満点の生徒は、父親の海外駐在に伴い小学生を海外で過ごし、中学受験をスルーして日比谷高校に進学した家庭の子。
 また、2月22日付AERA dot.では、『“神がかり”センター試験満点の日比谷高・現役生 サッカー部で…』と紹介されました。

何故センター満点が日比谷高校から現れるのか、その理由をズバリお届けします。

___________________________________

 センター試験が廃止されようとするこの時期に、なんの意味があってか、東京大学の一次合格発表で明らかとなった、史上初?のセンター試験900点満点獲得のニュース。

賞賛と驚きをもって受け止められたその前人未到の離れ業を成し遂げたのが、日比谷高校の現役3年生だと、ネット上では大きな話題となってます。

センター満点が1人いることは確かな情報ですが、それが日比谷生であるかどうか本当のところは定かではありません。しかし日比谷校内では、センター終了後から既に、満点が出たと話題になっていたのもまた事実です。
私自身もわが子から、1月中旬にはその話を聞いていました。

f:id:mommapapa:20180209232811j:plain
このつぶやきが1月20日付であることを思えば、実際に日比谷の現役生がそれを達成したのは疑う事ではないように思います。どんな人物がそれを成し遂げたのか、興味があってもまだ二次試験が残っているのですから、そっとしておくのがよいでしょう。受験が終わればその時は、新たな情報がどこからか届くはずです。

ところで、私自身がこの話題で特に興味深いと感じたのは、おそらく受験史上最初で最後となるその離れ業に対して、素直に驚き評価する大部分の世論の一方で、ネット上にはその事実を認めようとしない価値観の方が一定数いるという事実。

すなわち、センター試験で史上初となる満点を取る生徒は、中学受験で頂点に君臨するような、中高一貫校の最上位偏差値校の生徒であるはずだという価値観です。
言い換えると、公立中学から高校受験を経た公立高校の生徒が、全国屈指の名だたる中高一貫校の中でも、特に上位学力の生徒がずらりと並ぶ東大理Ⅲ志願者全員を抑えて満点を獲得するはずがないという、ある種の固定観念です。

 

中学受験組と高校受験組の学力

 一般的に学力に関して当然の事実として語られることの中に、次のようなものがあります。

東京では中学受験で学力の高い小学生が中高一貫校に抜けるために、高校受験に向かう生徒の学力は相対的に低いのだと。

本当でしょうか?
これについては、客観的な統計データはないと思いますが、一般的には中高一貫校の大学合格実績が、非一貫校である都立高校より相対的に高いということで代弁されているということだと思います。

確かに、小学校低学年から学習塾に通い、入学後も先取り授業で公立中学の1周先を進むわけですから、費用対効果の意味からも、一貫校組の生徒の方が学力が高くなければ経済合理性に合いません。自頭が良いかどうかはまた別の問題にしても、

 a)中高一貫校進学母集団
 b)公立中学進学母集団

を考えた場合、a)の方が中学入学時点の受験学力が高いのは明らかです。
塾で3年学んだ子供と、そうでない子供の差がないわけがありません。だからこそ、親の経済力で偏差値や学歴が決まると言われる訳です。

しかし、トラック競技で何mも前からスタートするような明らかなアドバンテージを持った生徒達を、都立や地方の進学校の中には、軽々抜き去ってゴールする力のある生徒が少なからず存在することも確かです。例えば日比谷高校1校だけ取り上げても、全国の中高一貫校と伍すような生徒は大勢いますし、お茶の間で人気の大学生クイズ番組で有名な東大医学部の学生の中にも、高校受験組は存在します。

経済的な問題から中高一貫校への進学ができない生徒の中に、そうした優秀な生徒が多数存在するのでしょうか?そうした生徒は、いったいどこにどれくらい隠れているのか考えてみましょう。
 

生徒数から見る、都内中学受験率

 高校受験生の実態は、模試等で統計上の人数は確認できても、個々の実態はなかなか見えにくいものです。特に、中学受験を回避する都内優秀層の動向は把握しにくいものがあります。

そこでまずは、高校受験生の比較対象となる、中学受験組の現状を確認したいと思います。一般的な概念としては、

c)都内高校受験者 = b)公立中学進学者

ではないでしょうか。そしてこの場合には、b)が「a)中高一貫校進学母集団」より賢いわけがないと考えるのは、ある意味自然な発想といえるかもしれません。
しかし個人的には、それは短絡過ぎる見方だと思います。なぜならば、

c)都内高校受験者 ≠ b)公立中学進学者

つまり、c)とb)の母集団は明らかに違うからです。どういうことでしょうか?
この事実を明らかにする前に、中学受験の現状について改めて確認してみましょう。

f:id:mommapapa:20180213202720p:plain

この一覧は、東京都が公表する統計値です。
平成28年度の都内の公立小学校6年生は、男女合計91,806人いたことが分かります。

教育不動産に関心の高い多くの保護者への参考情報として、地区別の公立と私立・国立小学校の区分や割合も表示してみました。長くなりすぎるので都下や郡部は詳細を省略しています。

この中で、中学受験した生徒はどの程度いるでしょう。
まずは平成28年度の小学校卒業生後の進路の結果となる、平成29年度の中学1年生の実態を確認します。

f:id:mommapapa:20180211215944p:plain

この一覧も、東京都の公式発表値に基づく一覧です。

小学校では5%だった、私立国立の割合が中学では26%となっています。東京では、中学校入学前からの私国立合わせて、ちょうど1/4の中学生が公立以外に通う状況です。

そして今回も、エリア情報を表示しました。
この23区別の国私立中学校の在籍割合を見ると、想像以上にエリア差が大きいことが分かります。あまりにも極端な差がありすぎて、私自身数字が間違っているのではないかとも思いましたが、東京都の公表統計値自体には手を加えていませんので間違いはないはずです。事実に少し驚いています。

少し余談になりますが、同じ23区といっても私立志向と公立志向がこれだけ違いますから、晴れて家族で東京に転入する際などは、事前のリサーチが重要であることが分かります。志向と反対のエリアに住んでしまうと、生活やママ友づきあい等にストレスを感じることがあるかもしれません。

私立進学エリアの情報は平均年収ランクなどでよく見かけますが、都内の公立進学志向の家庭がどのエリアに住むのが良いのか、こうした情報はほとんど発信がないと思いますので、また別の機会で詳しく取り上げたいと思います。

ただこの表と、日比父ブログの人気記事、日比谷高校進学中学校実績を突き合わせると、私立進学率が低く日比谷合格率が相対的に高い、大田区、練馬区、江戸川区辺りの環境が気になるところではあります。これらのエリアは、客観的な数字情報から、良好な公立中学環境が確保されている可能性を感じるからです。

閑話休題、都内の中学受験状況を確認するために、先の2つの一覧から、小学校から中学校進学時の公立及び私立の在籍数の違いを確認してみます。

f:id:mommapapa:20180211225616p:plain

平成29年度の中学校生徒数から、平成28年度の小学校生徒数を引いてみました。

これを見ると、ちょうど2万人の小学生が新たに私立・国立中学へ進学したことが分かります。総数の純増となる3,287人は、千葉、埼玉、神奈川等、都外から私立中学に通う生徒と、都内へ転入する私立国立、公立中学の生徒両方が含まれる可能性がありますが、この一覧からはその内訳は分かりません。
また、都立中高一貫校に進学した生徒は公立に含まれますから、この分は中学受験組に反映するべき数字となります。

これらの状況を勘案して判断した場合、公立減少分の17,432を公立小学校生徒数の100,081で割った、都内の公立小学校の生徒の約18%程度が、中学受験を経て中高一貫校へ進学すると言えるのではないでしょうか。

 

都内高校受験母集団の構成

 さて、中学受験の動向を確認した上で、高校受験生の実態を知るために見るべき数字は何でしょう?2つあると思います。

一つは当然、公立小学校から公立中学に進学した74,374人の内訳。この人数は、先の「b)公立中学進学母集団」に当たります。

そしてもう一つは、中学入学時に純増となった3,287人の生徒の内、公立中学に進学した生徒の内訳です。3,287人の内の公立中学に進んだ数は、中学受験以降新たに発生した高校受験者となる「d)中学受験回避転入者」となります。

従って、都内の高校受験組の構成は以下の通りとなります。

c)都内高校受験母集団 =b)公立中学進学者 + d)中学受験回避転入者

厳密にみると、中高一貫校進学者の中にも別の高校を受験する生徒は実際にいますが、大勢に影響ないものとしてここでは考慮せずに進みます。
そしてわが家の日比谷生の長男は、正に中学受験の後から突然降って沸いた、d)に含まれます。個人的にはこのd)の動向が、都内高校受験組のカギとなるのではないかと思います。

ではその人数が、どれほど存在するのか確認してみましょう。

 

都内転入者の構成 

 中学受験時期を過ぎて都内に転入する、高校受験対象者を確認するために、東京都の転入転出データを確認します。受験生の動向を詳細に把握するために、年齢別の統計値を確認してみましょう。

f:id:mommapapa:20180212010200p:plain

この転入転出統計値は、東京都の住民基本台帳に基づく数値ですから、先の生徒数とは異なり、都立高校受験対象となる東京都民のみが対象となります。統計値には50歳以上の方についても存在しますが、ここでは省略しています。

この一覧で注目したいのは、色を付けた10歳から15歳まで、つまり小学校5年生から高校1年生までの6,121人の動向です。理由は、この6年間の都内への転入生徒の人数が、先の「d)中学受験回避転入者」の基数となるからです。

もちろん、小学校5年生や6年生で都内に転入してきた生徒の中にも、中学受験する生徒は含まれるでしょう。ただしその人数や割合を正確に確認する方法は残念ながら存在しません。そこでこのマイナス分は、小学校4年生以下をd)から外すことで概ね相殺されるだろうという考え方を採用しています。小学校4年以前に転入した生徒の中にも、中学受験しない生徒は相当数含まれる訳ですから。

実際には、例えば平成28年度入試における転入者の存在を正確に把握しようとすれば、高校1年生は平成28年度、中学3年生は平成27年度、中2は26年度、、、と1年ずつ前にずらした統計値を拾う必要がありますが、ここでは母集団の傾向を確認するための手続きであり、毎年の傾向は概ね同じであることから、分かりやすく平成28年単年度の数値でカウントしています。

そして、74,374人の「b)公立中学進学母集団」から主に抜けるであろう転出者4,542人を引いた、概ね7万人が「B)公立中学高校受験母集団」だと考えます。

従って、一つの結論として言えることは、都内高校受験者の母数について、

  • 中学受験前からの都内在住者:7万人
  • 中学受験期間後の都内転入者:6千人

の合計7万6千人程度だという事です。
この76千人の中から、史上初のセンター試験満点が出たというのは偶然なのでしょうか?この中に、仮に中学受験していたならば、御三家や灘、筑駒に合格するような生徒の割合はどの程度存在するのでしょうか?

 

都内高校受験優秀者の人数

 では次に、中学受験時期を過ぎた後に転入してきた学生d)の学力について考えたいと思います。都内転入者の年齢別地区毎の統計も公表されているものがあります。

f:id:mommapapa:20180213001943p:plain

この表は、5歳毎の都内転入者の転入先住所を示す、住民基本台帳のデータです。都外だけでなく、都内行政区間の移動も含まれます。
ここでは、高校受験に絡む年代のみを掲示してありますが、すべての世代についても概ね同じ傾向となります。つまり都内転入者の多くは、どの年代も世田谷区を目指す傾向がはっきり伺えます。この気持ちは、私自身に照らしてもよく理解できます。

世田谷区は、山手線内の都心とは異なる郊外のゆとりを感じるエリアであり、先の私立国立中学の割合で明確に分かれるような、高所得エリア過ぎず一般エリア過ぎない、良好なイメージと実生活のバランスの取れた、意識の高い保護者にとっては、ちょうどよい住環境に位置づけられるのだと思います。

それはさておき、ここからは、都内高校受験組優秀層の人数を割り出すための、独自の統計解釈に基づく検証になります。
母数6千人の内、私立国立中学進学組相当の学力生徒数を算出するために、以下の積算を行います。

  1. d)中学受験回避転入者6,121人を、上記一覧10~14歳転入者の地域割合でそれぞれの地域に配分します。
  2. 各地域に配分された生徒数に、それぞれの地域の私国立中学進学率を乗じ、各地区毎の想定私国立中学進学数D)を求めます。

では結果を見てみましょう。

f:id:mommapapa:20180212183148p:plain

結論から述べると、中学受験期よりも後から都内に転入してきた生徒6,121人の内、概ね1,612人程度が中学受験で国立・私立に進学する生徒相当の学力ベースを持つ生徒数ということになります。あるいは、中学受験割合の18%を乗じて、1,101人と考えるべきかもしれませんが、個人的には26%かあるいはそれ以上の割合に近いのではないかと感じます。

なぜならば、10歳~15歳の保護者といえば概ね40代が中心になるはずです。
40代となって都内に転入する家庭の保護者は、上場企業の会社員であれば、部課長クラスで本社に栄転するような実力者が多く含まれるのではないでしょうか。
もちろん、我が家と同様に海外からの帰国組も多数含まれるでしょう。

教育やライフスタイルに一定以上のこだわりを持った、それなりの収入の家庭。一覧ではやはり2割近くの子供が世田谷に集まる一家です。

そんな保護者と共に東京の地に降り立つ6千人の子供たちは、きっと相対的に十分な教育を受けた生徒が多く含まれているに違いありません。そんな環境で育った子供たちが都内の公立中学に進むとするならば、高校入試の上位を狙って静かな闘志を燃やしながら準備をしているのではないでしょうか。

そして、地元小学校から公立中学へ進学した約7万人の中にも、何らかの理由で中学受験を経験しなかった優秀層や、受験した結果、公立中学で再起を誓う学力上位生徒も、都立一貫校専願を中心に多数存在するでしょう。公立中に進学した74,374人の1%としても740人、平成29年現在都内の公立中学校は613校ありますから、各校トップの数と概ね同じです。上位2番程度まで含めれば、1,400人程度の公立トップ層は存在します。

ですから、普通に考えてこの1,400人と1,600人を合わせた3,000人規模の生徒には、中学受験組に伍す程度の学力が十分あり、国私立中学進学17,000人の約1/6の規模のその集団の中に、中高一貫校と同様に、特異に優秀な生徒が含まれると考えるのは全く無理がないように思います。
 

時代と高校受験生の動向の変化

 最近では、中高一貫校に高校から入学した生徒の進学実績が芳しくないというネット上の情報をよく目にしますが、開成高校の柳沢校長はそれを否定します。

――高校からの入学者は進学実績が低いように言われがちですが。

 全くそんなことはない。毎年の東大合格者の25%プラスマイナス2%は高校入学者。

出典:朝日新聞デジタル版 2017年2月25日

25%というのは、開成400人中の高校入学100人に相当する割合。つまり、中学入学組と高校入学組の学力に差はないと伝えたいのでしょう。逆に見ると、東京の高校受験組の上位陣は、中高一貫校の上位陣と比較して決して劣るものではない。

ですからセンター満点が、高校受験組から現れても何らおかしくはないのです。ただ、それが都立高校から出た事実が問題なのです。

確かに、センター試験満点が10年ほど前に発生した出来事であれば、それは都立高校の生徒が達成したものではなかったかもしれません。なぜならばその当時、学力上位層が都立高校を選択することは希だったからです。

ただ現在は、高校受験の最上位層が私立や国立附属のトップ校に入学するという学校群制度以降に確立した流れから、日比谷をはじめとする都立高校に回帰する割合が高まったということでしょう。もうリーマンショックは関係ありません。

東大合格36年連続トップの開成高校を蹴って入学する生徒も20人近くいる。すでに入学時点で日比谷の成績上位層は、全国トップの学力レベルに達している。
武内校長は、「筑波大学付属駒場高校(筑駒)や筑波大学付属高校、東京学芸大学付属高校など国公立大学付属校を蹴って、ウチに入ってくる生徒が増えましたね。今は入学者の2割ぐらいはいます」と話す。

出典:NIKKEI STYLE 2018年1月14日

日比谷高校の1学年は320人。2割が国立附属に合格した生徒であれば、その数は60人にも上ります。開成とダブルで合格する生徒も多いでしょうから、高校受験の最上位学力層が日比谷に在籍していても、不思議ではありません。

ですから今年、センター満点が日比谷高校の生徒であったという事実があるとするならば、それは驚くことではないでしょう。意識すべきはそこではなく、都内の高校受験生の進学先選択の意識が変わったことを裏付ける、一つのサインとなる出来事だということにこそ、注目すべきだと思います。

都立学校群制度からちょうど半世紀経つ現在、大学入試改革や大学附属校改革、東大京大における推薦入試の導入、そして自校作成問題の復活など、教育をめぐる時代の大きな転機が再び訪れたことを、今回の事件は静かに、そして分かりやすく発信しているのかもしれません。

都内には、少なくとも3,000人規模の中だるみのないやる気に満ちた意識の高い高校受験生が存在しています。中高一貫校の快適な環境とは異なる、都内や地方の公立中学校、あるいは海外で過ごした様々な背景や経験を持った多様な能力の若い力を、取込む力を失ってしまった一貫校の現状は、やはり残念に違いありません。

そのような状況の中、高校受験のみに門戸を開く都立高校の存在は、優秀な中学生ばかりでなく、中学受験を見送った7万人を超える全ての中学生にとっての希望の存在であるに違いありません。

今更ながらに、多くの私立一貫高校の入学門戸が再び開くことを願わずにはいられません。

ではまた次回。

日比谷高校に合格した883人の出身校 

都立日比谷高校では何を教え何を学んでいるのか 

 高校入学組最高頭脳の一つの物語 

中高一貫校が高校募集枠を廃止する理由

高校受験トップが日比谷を選ぶ理由