日比谷高校を志す君に贈る父の言葉

世間知らずな父の元で、東大生の兄と勉強嫌いな弟が織りなす家族の物語

2020年度日比谷入試 超速レビュー

新型コロナウィルスに世界が揺れる中、2020年度都立高校入試が終了しました。日比谷高校入試の平均点と合格ボーダーについて、超速報で考察します。

2020年度日比谷入試最前線予測

大学入試改革とコロナウィルスに揺れる環境の中、高校受験は粛々と行われます。日比谷高校2020年度入試における合格ボーダーが何点に落ち着くのか、そして試験当日に何点獲得すれば合格圏に到達するのか検証します。

都立中高一貫校、不合格者の進路選択

本人の努力に関わらず、不合格者が大量に発生する都立中高一貫校受験。保護者が行うべきことは、万一不合格となった場合の進路について、合格発表までの間に決定することです。

Z会駿台アドバンスト模試と日比谷高校

駿台とZ会が提供する、先取り授業前提の中高一貫校向け「アドバンスト模試」。2019年度から日比谷高校は全国の公立高校として唯一参加しています。英語が全国単独トップになるなど、悪くはないその結果について考えます。

香川県ネットゲーム依存条例と新しい学び

香川県が発表した「ネット・ゲーム依存症対策条例」。18歳未満には平日1日1時間のプレイ時間制限を求めています。AIとの共存や仮想マネーや「新しい学び」の時代に、ネット上の危険から子を引き離すことだけが賢明な対応なのでしょうか。

家電化するアップルとiPhoneの苦悩

アップルはジョブズ氏が亡くなったiphone6以降、コモディティ化つまり大衆家電化への道を突き進んでいます。世界のソニーやマイクロソフトが歩んだと同じ道を、アップルも進むのでしょうか。

はじめにことばありき ~宇宙と言語学

はじめにことばありき この聖書の言葉を耳にする度に、何故だかいつも特別な気持ちに包まれる。宇宙のはじまりがすべての根源であるならば、宇宙のはじめに存在したのは「ことば」ということになるだろうか。であれば言語学は、やがて最先端の科学となるだろ…

サンタクロースへの手紙

心優しきわが家の次男は、小学校3年生の頃から毎年クリスマスイヴの夜にはサンタへの感謝の手紙を用意して、深夜の訪問に備えています。子の心や感受性の成長を物語る、サンタへの愛情に満ちた心の手紙です。

23区中学受験しない親のこころ

中学受験本番。わが家の6年生の次男は受験せず、毎日ネットゲームの世界に旅立っています。そんな次男に将来の不安がないかといえば明確にありますが、焦る気持ちには至りません。そんな中学受験に向かわない親の心境について語ります。

麹町中学の越境停止と中学校区選び

2020年令和2年度から、千代田区立麹町中学は越境入学を受け入れないことが学校ホームページで公表されています。 中学受験を行わず、あるいは希望の中学に合格しなかった場合、麹町中に子を入学させようと考えていた区外の保護者の方にとっては悲しいお知ら…

東大赤門と令和祝賀パレードを巡る秋

間もなく米寿を迎える年老いた父と母と共に、東京大学のキャンパス訪問と合わせて令和天皇即位パレードのコースを辿るドライブに向かいました。パレードコースは新たな観光ルートです。

多摩川浸水被害と国分寺崖線

台風19号では、若い家族に人気を誇る武蔵小杉や二子玉川が浸水被害にあいました。世田谷から大田区に伸びる国分寺崖線の存在が、このエリアに人が集まる理由と水害発生の原因を明らかにします。

学芸大附属高校と入学確約書

東京学芸大学附属高校の2020年度入試日程は、2019年度を概ね踏襲するようです。一方で、「入学確約書」の提出が新たに義務づけられます。この確約書は、受験生にどのような影響を与えるのでしょうか。

南町田グランベリーパークとつくし野中学校

町田市と東急電鉄が再開発を進める大型まちづくりプロジェクト、『南町田グランベリーパーク』は日比谷高校合格者の多いつくし野中学校区に位置しています。新しい街の魅力に迫ります。

情操教育にラグビーがよい理由

ラグビーワールドカップ2019日本大会。日本は史上初の決勝トーナメント進出を果たしました。安全性と競技制を高めるためのルール改定を行うなど、ラグビーは大いには進化し、子どもの教育にも適したスポーツとなっています。

日比父星陵祭大賞 2019

令和初となる日比谷高校星陵祭。制度変更の評価もレポートします。日比父独自の基準で選んだ日比父星陵祭大賞や、公式には評価されないポスターについても日比父ポスター大賞を発表します。

TOKYO GAME SHOW 2019

小学校6年生の次男と一緒に、東京ゲームショーに行ってきました。会場で感じた、ビデオゲームと子育ての距離感や、ごく近い未来に生じる社会の変化について考えてみたいと思います。

幻の日比谷高校附属中学校 〜妄想編

日比谷高校は中高一貫校化すべきという考えが世間には存在するようです。日比谷附属中学は世の中にあってはならない学校だと思うのですが、仮に設立するならばここしかないという候補地について考えます。

韓国GSOMIA破棄に思う選挙と報道

韓国文政権の意思決定は、選挙によって社会は変わってしまうという事実と共に、投票に対する責任と結果に対するある種の恐怖をリアルタイムで学ぶという、稀有な機会をもたらしているのです。

日比谷合格中学5年累計の教育不動産評価

日比谷高校の出身中学の過去5年実績に基づき、教育環境を重視した都内学区選びの最新情報をお届けします。最強の中学校区には、日比谷-東大ルートとして昔から語られる、あの学区が選ばれました。

令和初、高校生クイズの熱い夏

令和初の開催となる、2019年全国高等学校クイズ選手権の東京代表に、日比谷高校が選ばれました。人気のクイズの在り方とこれからの教育について考えます。

東大生の親という感情

メディアの影響からか、”東大生”という響きには、ある種特別な興味や意識が込められることもしばしば。東大生の親である立場から、その意味を語ります。

都立武蔵附属中学とSDGs地球学

2021年度より高校募集を停止する多摩地区の都立中高一貫校である武蔵高校附属中学の学校説明会に参加しました。地球規模の問題解決に当たる「地球学」が特徴の学校です。

日比父ブログ3周年、過去未来

『日比谷高校を志す君に贈る父の言葉』は3周年を迎えました。 とりあえず1年継続を目標に始めた日比父ブログも、今では都内高校受験を中心とした情報発信の確たるプラットフォームへと育ってきたのではないかと感じています。

豊島岡女子学園の皮算用

私立豊島岡女子学園は2022年度からの高校募集停止を発表しました。それに伴う中学入学枠の拡大は行わないようです。これにより、年間2億円の収入減となります。学園は今後どのような施策を打ち出すのでしょうか。

女系天皇とダヴィンチコード

昨今大衆議論が目立つのは、女性天皇と女系天皇の話題です。 個人的には「女性天皇はあってよい」、「女系天皇はない方がよい」という立場です。女系天皇の賛否について考えます。

ICT小学生タブレット学習の⭕️と❌

令和の時代に進むICT学習環境。 通信教育の世界でも、従来のテキスト学習とタブレット学習が共存しています。タブレット学習を選択する上での注意点や向き不向きについて考えます。

東大入試がスマホ持ち込み可になる日

令和初の開催となる東京大学五月祭で行われた、ROJE(NPO法人日本教育再興連盟)主催の教育フォーラムに参加しました。 AI時代のこれからの大学入試や学びの在り方について考えます。

対談! 日比谷武内校長x麹町中学工藤校長

比谷高校・武内校長と千代田区立麹町中学校・工藤校長。 昨今メディアへの登場回数が増えている注目の両校長が直接対談するイベントを是非とも実現させて、これからの教育について語り合ってほしいと思います。

令和の始まりと平成の終わり、兄から弟へ

平成から令和へ。 新しい時代の日比父ブログは、兄から弟の学生生活へと主題が代わり、特別な頭脳の持ち主から、大衆的な頭脳の持ち主が主人公となる物語の第二章を迎えます。 変わりゆくべき東京大学の兄の物語と、これから始まる中学、高校、大学へと続く…