日比谷高校を志す君に贈る父の言葉

世間知らずな父の元で、東大生の兄と勉強嫌いな弟が織りなす家族の物語

言葉の力

言葉には力がある。 言葉は薬となり毒となる。言葉は癒しとなり人の心や命を救うことができる反面、人を傷つけ殺めることもできる。 一人一人が放つ言葉の力は、世の中を駆け巡り、人々の心を光で照らし影を落とす。

開成高校 高入生の東大合格数

開成を退任した柳沢前校長は朝日新聞のインタビューで、「毎年の東大合格者の25%プラスマイナス2%は高校入学者」と明言しています。この情報に基づき、開成新高生、高校入学組の気になる東大合格実績を推察します。

コロナ休校の勉強時間、ゲーム時間

コロナ休校が続く東京都。多くの保護者が家庭での勉強時間を気にしているのではないでしょうか。わが家の新中学1年生は、勉強3時間、オンライン活動9時間の毎日です。

新型コロナとSociety5.0と非接触社会の憂鬱

新型コロナパンデミックの影響により、非接触社会の浸透が急速に進んでいます。日本が提唱するSociety5.0と非接触社会が融合するとき、どのような未来が訪れるのでしょうか。

コロナで始めるモノポリーの世界

コロナ在宅中に家族で過ごす時間に有効な候補の一つがモノポリー。わが家では20年プレイしています。小学生がマネー経済における勝利者マインドを楽しみながら学ぶためのゲームについて考えます。

9月入学!日比谷仮想年間行事

新型コロナに揺れる学校教育について、萩生田文科相が選択肢の一つとして9月入学に言及したことで、政治マターとして議論のテーブルに上がることになりました。9月新学期となった場合の学校行事や学生生活がどのようなものになるのか一足先に考えます。

東大メシ・菱田屋風焼き餃子

新型コロナ長期滞在以降、長男が手作り料理を振る舞ってくれる機会が増えました。今回は外パリッパリ、中ジューシーな菱田屋風餃子をお届けします。

日比谷医学部現役合格急伸の謎

2020年度大学入試では、日比谷高校の国公立大医学部現役合格数が東大合格数を超える状況となり、全国的にも合格上位につけました。今年突然発生した日比谷生の医学部志向について確認します。

都立トップ校受験の学力ゴール設定

都立重点校第一志望の受験生は、自校作成問題をゴールに勉強すればよいとは限りません。高校受験に向けた学習プロセスは、その先の難関大学受験を目指す一連の過程の中で大きな意味を持っているからです。

東大オンライン授業、飲み会、人生ゲーム

いよいよ始まった東京大学のオンライン授業。長期在宅が始まってから、様々なテレコミュニケーションが生まれています。そんな中、長男はオンライン上での人生ゲームや飲み会を楽しんでいるようです。